スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十三夜 2007/10/18~10/24


[日記]十三夜

今日は、旧暦9月13日でいわゆる十三夜の日らしいですが、外に見える夕月を見るとえらく欠けてる感じなんですが、こんなもんなのかな。ちなみに、十五夜を見た人は、十三夜も見ないといけないらしい。



十三夜

昨日は十三夜でしたね。 おつきさまはみえましたか? 私は夕方、近所まで明日の食パンをかいにでかけました。 17時をまわってからひとり、 松葉杖で歩くということにもだいぶなれました。 松葉杖に蛍光シールでもはるかなーなんて思いますけれど。 ...



十五夜と十三夜は後の月は同じ場所で…!

今夜は十三夜。後の月です。 まん丸お月様ではないのですが、十五夜の頃よりも更に空が冴えて美しい月です。それというのも、十五夜の頃は台風や秋の長雨で空も曇っていることが多いのですが、この十三夜の季節はまさに秋晴れ!美しい月をめでることが ...



十三夜

ゲストハウス3階から見えた十三夜 窓から入り込んでいた、落ち葉とコラボです♪ 本日は、雲も無く、きれいな十三夜が見えるそうです 明日は暦で「...



十三夜

日本海にある高気圧が広く日本付近を覆っている。 今日も一日中良い天気であった。夜になると十三夜の月が煌々と照らしている。



スポンサードリンク



十三夜に関する動画は特に見つかりませんでした。



スポンサードリンク



晴天

昨日は十三夜だった。昨日、日経春秋を腐したものの、見上げると十三夜というにはやや欠けている。パソコンで調べ直してみると、昨晩は月齢では11.9日ということで今夜あたりが十三夜のイメージに近いのではないか。ということで月齢的にはあさって十六日 ...



十三夜

来週の10月23日は十三夜。 中秋の名月である十五夜はもともと中国で行われていた行事。 十三夜の月見は、日本独特の風習なんだそうです。 一説には宇多法皇が九月十三夜の月を愛で「無双」と賞したことが始まりなんだそうです。 ...



十三夜の「淡み栗」と「ぴーちゃん」のこわがり

<十三夜の栗> 今年は10月23日が「十三夜」。 「十五夜」は中国から来た行事ですが、「十三夜」は日本独自の風習。 醍醐天皇の時代に始まったそうです。 「十三夜」は、「栗名月」、「豆名月」と言われお供えするのは、栗や豆。 ...



もうすぐ十三夜です

十三夜のお月見をしましょうね^^ 十三夜は23日火曜日です 月曜には月見団子も販売されると思いますよぉ^^ 天気も多分恵まれると思いますので 片見月は、縁起が悪いといわれています(関東には多いみたいですよ) なのでぜひどうぞ~~~ ...



十三夜

「十三夜」も. また美しい. 月であると. 重んじていた. そうです。 中秋の名月. (十五夜)は. もともと中国で. 行われていて. その行事が. 日本に. 伝来したもの. だそうです。 でも. 「十三夜. の月見」は. 日本独特の. 風習. とのこと. でも私は ...



十三夜

今夜は十三夜ですよ~散歩しながら、ススキとセイタカアワダチソウを取って来ましたフジバカマは庭に咲いていたももの中秋の名月は中国で行われていた行事が日本に伝来したものですが、十三夜の月見は日本独特の風習十五夜の月見をしたら、十三夜もしない ...



十三夜

今日は十三夜さん。十五夜同様キレイなお月様を見ることができました。前回予約し忘れたお月見団子、今回はちゃんと注文しました。美味しかったですよ?栗餡で。お店に行ったら、落花生餡の揚げまんもあって、美味しそうだったので、つい買ってしまいまし ...



十三夜とマッカラン

十三夜に曇りなしとは良く言ったもんだ十月十日と同じ特異日らしいが、確かに今夜の月はキレイに見える昨晩はカミさんを部屋に帰し、自分が子供を看て病院に...



十三夜に曇り無し

十三夜は「栗名月」や「豆名月」と呼ばれています。ちょうど収穫期だったんですね。 十三夜は中秋の名月の後なので「後の月」と言われたり、 「小麦の名月」と呼ぶ地方もあるそうです。 これは十三夜の天気で、翌年の小麦の豊凶作を占う習慣から来ている ...



明日は十三夜です

明日10月23日は十三夜です。 十三夜は、ちょうど食べ頃の大豆や栗などを供えることから、この夜の月を豆名月または栗名月とも言うそうです。 十五夜と十三夜どちらか片方の月見しかしないのは「片月見」または「片見月」と言って嫌われたそうで、もし ...



ピアフと十三夜

そうだ、今日は十三夜だ、とミメオが言うのでベランダに出ると、 溶けかけたアメ玉のような月が浮かんでいた。 月は満ち潮だけでなく、女のからだにも影響する。 十三夜の日に、ピアフを観る。 そりゃ熱も出るはずだ、と、 ...



十三夜

本日は十三夜。ひざに来て猫も見ている十三夜 Yukimimadoh1 Photo.



十三夜荘奇談

今宵は、十三夜。 不思議な欠け方の月が、帰宅途中の夜空に青白く光っていました。 十三夜といえば、吉田秋生さんの「十三夜荘奇談」。月を愛でつつ、久々に読もうとココロに決めながら帰宅したのに、本棚を見に行ったら、 あるべきところにナーイ! ...



十三夜 不祥事照らす 月に見え/富貴 貴賎 自然を模して 世を渡り

今日は晩秋の名月、十三夜。しかし、見上げましても、むら雲がかかり残念ながら鑑賞できませんでした。 そこで、一句。 ● 十三夜 むら雲の空 仰ぎ見る● 十三夜 腹八分目の 美の意識 ● 十三夜 程々がよいの 美の意識● 立身の 十三夜には 雲かかり ...



曇ってしまっているのです。十三夜

十五夜の月よりも日本の気象条件からすれば、旧暦の十三夜に当たる10月23日の方が空気が乾燥して、空がより高く見えるように成りますから、十五夜の月よりも今夜の十三夜の月の方がより美しく見えるだろうと、推測するのは当然だと思います。 ...



新月伐採の箸入 in 十三夜

十三夜は十五夜に次いで美しい月だと言われているため、中秋の名月(十五夜)から約1か月後に巡ってくる十三夜のお月見を昔から大切にしていて、十五夜または十三夜のどちらか一方しか観ないことを「片見月」と呼び、縁起が悪いこととしていました。 ...



十三夜

今日10月23日は十三夜とのことである。 日本では、月見というと旧暦八月十五日の十五夜のことだが、日本では古来もうひとつ旧暦九月十三日の十三夜もまた美しい月であると言われていた。 中秋の名月(十五夜)はもともと中国で行われていた行事が日本 ...



十三夜

人並みに十三夜くらいはどうしても一度は詠みたいものと、夕べ外へ出ては何度も月を眺めた。月そのものは実にさやかに中天に懸かっていたのだが、何しろ環境が悪すぎる。縁側もない。周囲はいつのまにかすべて住宅と化してしまっている。 ...



十三夜

十五夜はもともと中国で行われていた行事が日本に伝来したものですが、十三夜は日本独特の風習だそうで、一説には宇多法皇が九月十三夜の月を愛で「無双」と賞したことが始まりとも、醍醐天皇の時代(延喜十九年:西暦919年)に開かれた観月の宴が風習化 ...



十三夜

でね、十三夜の事を調べてて、ふと思ったんですが十五夜、十三夜ってそれぞれ「じゅうごや」「じゅうさんや」って呼ぶのに十六夜だけはどうして「いざよい」なんていう名前なんでしょ(?_?) なんて思って調べたら・・・ 満月の翌晩は月の出がやや遅くなる ...



十三夜/じゅうさんや 10月23日 栗名月

別々のところにあるものが五感の重なりによって「ひとつの思いになる」という儀式は寺院だけのものではなく、こよみの中にもあって、「十五夜の月を見たのちに、十三夜の月を見なければ、『片見月』になる」という言い伝えが残り、十五夜を「前の月」、十 ...



十三夜

十五夜はサトイモなどを供えることが多いため「芋名月」と呼ばれていますが、十三夜は「栗名月」とか「豆名月」と呼ばれています。これはお供えとして栗や豆を、神棚などに供えるからだそうです。中秋の名月の後なので、「後の月」と言われたり、「小麦の ...



今宵は十三夜

今宵は十三夜。中秋の名月は知っていても十三夜を知る人は少ないかもしれない。十三夜は中秋の名月の月見に対して「後の月見」と呼ばれる。日本には古くから秋の月を鑑賞する「お月見」の風習があるが、昔は中秋の名月と10月の十三夜の月を両方見ない ...



十三夜

本日、10月23日は十三夜です。 日本では、古くから秋の名月を鑑賞する「お月見」の風習があります。 お月見というと旧暦八月十五日の十五夜がもっとも有名ですが、 日本では古来もうひとつ旧暦九月十三日の十三夜もまた美しい月であると重んじていました ...



なぜ十三夜

十三夜ですよ - やんごとなきおんかた 【 みんカラ 】 ブログ. 旧暦九月十三日の月が珍重されたのは. 空気が冴え渡って月の輝きが増す季節. であること. それでゐてまだ戸外に居ることが. 憚られるほど寒さが厳しくないこと ...



十三夜

十三夜に曇りなしの例えどおり、昨夜見た十三夜の月は、澄み渡った夜空に輝いて、まことに綺麗でした。中秋の名月と十三夜の月、芋名月に豆名月、この二つが、支障なく見ることができた年は四年ぶりとのこと。私といえば夜の7時、いつもになく騒ぐトラを ...



十三夜

今朝の天気予報でも、十五夜はあまりすっきりしない夜空であることが多いのに対し、十三夜の夜は晴れることが多いので、「十三夜に曇り無し」という言葉のあるとおり、関東地方はきれいなお月様が見られるとのことでしたがその通りになりました。 ...



十三夜

かけた情けが 偽りならば なんで濡れましょ男の胸が・・・ ・・中略・・・青い月夜の 十三夜 子供のころ、意味も解らずにこんな歌を歌ったのをふと思い出す。 今夜は十三夜だ。 十三夜の月は昇る時刻が早い。 空はまだ明るいうちにすでに高く上っていた。 ...



十三夜

きょうは十三夜 旧暦9月13日の「名月」 季節は流れて 十五夜は「芋名月」といわれ十三夜は「豆名月」「栗名月」 十五夜を見て十三夜を見ないのは「片見月」 中島みゆきの「帰れない者たちへ」の十三夜井上陽水の「神無月にかこまれて」の十三夜そして ...



十三夜

十三夜 早朝のラジオで今夜が十三夜であることを知る新聞のコラムにも今晩は十三夜であることが書かれている午前7時20分に家を出て職場に向かう 午後7時20分に職場を出る午後8時30分に家に着く玄関で空を見上げると十三夜が白い光を向けている ...



今夜は十三夜

十三夜を辞書で調べてみると、大辞泉では 陰暦九月十三日の夜。八月の十五夜に次いで月が美しいとされ、「後の月」という。十五夜の月を芋名月というのに対し豆名月・ 栗名月ともいう。 とある。 さらに、広辞苑では上記の部分はほとんど同じであるが次の ...



十三夜

今日10月23日は十三夜。 中秋の名月である十五夜はもともと中国で行われていた行事。 十三夜の月見は、日本独特の風習なんだそうです。 一説には宇多法皇が九月十三夜の月を愛で「無双」と賞したことが始まりなんだそうです。 一般的には十五夜を月見 ...



今夜は十三夜

お月見は旧暦八月十五日の十五夜がもっとも有名ですが、日本ではもうひとつ旧暦九月十三日の十三夜もお月見をする習慣があります。 その十三夜が今夜です。 中秋の名月(十五夜)はもともと中国で行われていた行事が日本に伝来したようですが、この十三夜 ...



十三夜

十三夜とは, 月見をする夜のこと。9月13日(十三夜)の夜の月見を指す。十三夜は日本独特の風習であり、ちょうど栗などを供えることから、栗名月という。この時期は, 湿度も低く夜でもそれほど寒くないため、観月に最も良い時節とされていた。 ...



十三夜

今宵は十三夜今年の十五夜は美しく観ることができたが今日の十三夜も夜空が澄んでとてもきれいだ 十五夜を観たならば十三夜も観ないと縁起が悪いと昔から伝えられてきた それはもしかしたら両方の美しい月が観れるのはよほど幸運なことだからかもしれない ...



十三夜

お月見というと旧暦8月15日の十五夜が有名ですが、日本では古来からもう一つの旧暦9月13日の十三夜も美しい月であると重んじられていました。 今朝テレビで十三夜のことを、「豆名月」とか「栗名月」といわれていると放送していました。 ...



十三夜

TB企画“十三夜の宴・2007”開催いたします。 ようやく秋風涼しくなってきた毎日ですね。 企画もあっという間に十三夜です♪ 陰暦9月13日のお月さまは、10月23日(火)になります。 十五夜とは少し趣きの異なる秋の夕べをご堪能ください。 ...



十三夜

十三夜。 旧暦八月十五日の十五夜も有名ですが、旧暦九月十三日の十三夜もまた美しい月だそうです。 その十三夜が今日10月23日(火)なんです。 天気もよさそうでとても綺麗な月を観ることができるのではないでしょうか。 あと、昔から十五夜だけで十 ...



十三夜・・・

日中22℃、秋晴れ今夜は十三夜・・・日本では、古くから秋の名月を鑑賞する『月見』の風習があります。月見というと旧暦八月十五日の十五夜がもっとも有名ですが、もうひとつ旧暦九月十三日の十三夜もまた美しい月であると言われています。 ...



東の空に十三夜月 西の空には夕陽が沈む

今宵の月は旧暦九月十三日の十三夜。これもまた美しい。 東の空に十三夜月が、西の空には夕陽が沈む。 樋口一葉の短編「十三夜」。 鬼のような夫、離縁を決意して娘が実家に戻ってくる。父親は「かわいい子供のことを思えはどんなつらいことも辛抱でき ...



十三夜・栗名月

十三夜 今頃、かぐや どの辺り 今日(10/23){旧暦9月13日}は、十三夜。「栗名月」です。でも、今日の実際の月は十二夜で、満月は三日後の10/26になります。先月の十五夜の時と同じ理由...ですね。 十五夜に月見をしたら、十三夜にも(同じ庭で)月見を ...



十三夜

さて、旧暦九月十三日の月を「十三夜」と言い、「後の月」とも言われる。 この日は、十五夜と同じように、月見をする風習があるが、明後日が、暦の上では「霜降(そうこう)」にあたり、月見と言うより、そろそろ炬燵が欲しくなる頃でもある。 ...



今夜は十三夜…

今夜は十三夜。 十五夜(旧暦8月15日)に対し、十三夜は旧暦9月13日の満月ではないが、美しい月を言っている。今夜も本当に美しい… 十五夜はもともと中国で行われていた行事、それに対し十三夜は日本独特の風習。日本ではもともとこの二つの月を見て初めて ...



十三夜

今日は旧暦9月13日、「十三夜」です。「仲秋の名月」に継ぐお月見の日というより、此方の方が日本古来のものですね。一応、風習としては以前から知っていたのですが、どうも毎年うっかり忘れがちになります。今年の今日だと思い出したのも、あるお方 ...



十三夜

十三夜. 旧暦9月13日は、十三夜。ちょうど秋雨も終わって、晴れていることが多く、十五夜より見やすい。自室の窓からも綺麗な十三夜の月を見られることができた。さすがに月齢が大きいので望遠鏡などは出さずに、ぼーっと月だけを眺めて楽しんだ。 ...



十三夜の月

今日は、十三夜の月です。 (満月まで2日ほど隠れた状態です。) 天気も良くて、綺麗な十三夜の月が見えます。 ちょっと調べてみましたら、十五夜の月見は昔の中国の風習が伝わって来てから始まったそうですが、十三夜の月見は日本独特の風習なのだそう ...



十三夜さん

さて、十三夜さんのお月様は・・・。 Sdsc_0311_3 そして、十三夜さんを愛でるのは人ばかりではないのです。「わに塚のサクラ」も愛でているのです。そんな姿を写してみました。 Sdsc_0313 「わに塚のサクラ」は何を思うのでしょうか? ...



今夜は十三夜

今夜は十三夜・旧暦9月13日の月のことで十五夜とちがい日本独自の風習のようです。今日の月を見ないと片月見といって中秋の名月と十三夜は一対として考えられており、片方だけの月見をすることを「片月見とか片見月」と言って縁起がよくないとされて ...



十三夜

十三夜です。 月が少し欠けたじょうたいの十三夜。 望月でない分風情があります。 十五夜の約1ヶ月あとの月を十三夜と言います。 十三夜の月を「後の月」といい、十五夜と同じように季節の物を供えますが十三夜では、お供えには栗(くり)が加わります。 ...



十三夜の月

へぇ。十三夜の月は、私は初めて聞きました。で、今その十三夜の月を見てきました。左上が欠けていて、まんまるではないですね。でも、確かにその光り具合は満月の光に似ているような!?!はぁ、十三夜の月、来年も覚えているでしょうか! ...



十三夜の月

今日の夜に出る月は、「十三夜の月」といいます。 栗名月とも言われ、旧暦の九月十三日の今日、月を見る風習があります。 中秋の名月が中国から伝わった行事であるのに対して、「十三夜の月」は日本独特の行事なのです。 中秋の名月に対し、「十三夜の ...



スポンサーサイト
Copyright © 最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第十倉庫 生活一般・流行 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。